ヒグチケイコ

KEIKO HIGUCHI

身体、声、呼吸のつながりを探求し、即興からジャズまで幅広くこなすボーカリスト。アメリカ・ボストンにて声を使うパフォーマーとして活動開始、'98年に帰国以来、独特な声と表現で国内外にてソロや多くのコラボレーションやダンス、演劇などの作品に参加。過去には写真・執筆を発表している。アルバム作品には'13年ソロ第二作目「花弁のように儚い」(米utech records)、森重靖宗とのデュオ「あわい」(仏improvising beings)、'14年Cris Xとの「MELT」(musik atlach)、'16年1月にソロ第三作目「between dream and haze」(仏improvising beings)、そして’17年3月に神田晋一郎(p)との第二作目「passing and longing and there is only a trace left― 過ぎしも愛しもただ跡だけが残り」(ftarri) 、’18年年末にはsachikoとのAlbedo Fantasticaで「暗渠と夜空」(仏an’archive)、’19年夏にはソロの1曲が含まれたコンピレーションアルバム「青鞜 Seitō: In the Beginning, Woman Was the Sun」(仏Akuphone) がリリースされた。

 

http://cleokcleok.wixsite.com/keiko-higuchi

www.facebook.com/cleokcleok

http://keikohiguchi.bandcamp.com/